午前四時起きのライターズハイ

ライトノベル作家 神崎紫電のブログです(`・ω・´)ゞ

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 ★神崎紫電の著作リスト。随時更新予定。



ブラック・ブレット―神を目指した者たち (電撃文庫 か 19-1)ブラック・ブレット―神を目指した者たち (電撃文庫 か 19-1)
(2011/07/08)
神崎 紫電

商品詳細を見る

■ブラック・ブレット(電撃文庫)

 第一巻 神を目指した者たち
 第二巻 VS神算鬼謀の狙撃兵
 第三巻 炎による世界の破滅(川原礫先生より帯推薦文いただきました!)
 第四巻 復讐するは我にあり
 第五巻 逃亡犯、里見蓮太郎
 第六巻 煉獄の彷徨者
 第七巻 世界変革の銃弾

 
■もりのほん版コミックス(電撃コミックスNEXT)
 第一巻
 第二巻
 第三巻
 第四巻


アニメDVD/ブルーレイ
 ・第一巻――七月二日発売(以降、毎月一巻ずつ発売)

CD
 
ラジオCD「ブラック・ブレット~延珠&ティナの天誅ラジオ~」Vol.1
 ドラマCD 「ブラック・ブレット -史上最低の作戦-」
 fripSide ブラック・ブレットオープニングテーマ「black bullet」
 ヤナギナギ ブラック・ブレットエンディングテーマ「トコハナ」
 天誅ガールズオープニングテーマ「ミライガール」――7月2日発売

 

 
一言で言うと、十歳の幼女ヒロインと保護者型の高校生ヒーローによるタッグバトルもの。

 ガガガ文庫の作家のくせにドヤ顔で電撃文庫に拾い上げて頂いた上、担当さんを心労で衰弱死させかけた記念碑的作品。

 もし当ブログコンテンツ「神崎式小説作法」を読んで「偉そうに小説作法語ってるけど、かくいうお前は俺(私)に教えるに値する作家なの?」と疑問に思われた方は、本書を読んでその判断を決めて欲しい。

 一応私としては「本書をもってして自分はブログ読者に小説作法を教える価値ありと信じる!」と言えるだけの出来には仕上げたはず。
 (2013年5月27日追記:小説作法講座多忙につき更新停止していて大変申し訳ない)。

 あと私の趣味が爆発して鉄砲が沢山出てくる(^_^;)


恋のキューピッドはハンドガンをぶっ放す。 (ガガガ文庫)恋のキューピッドはハンドガンをぶっ放す。 (ガガガ文庫)
(2011/08/18)
神埼 紫電

商品詳細を見る
■恋のキューピッドはハンドガンをぶっ放す。(ガガガ文庫)

 一言で言うと、生活のほとんどを戦場で過ごした少女が主人公の元に押しかけてきて、生活習慣のギャップからドタバタを巻き起こすミリタリーアクション・ラブコメディ。
 
 辞めてしまわれた担当さんと最後に作った作品。
 またしても鉄砲が出てくる(^_^;)
 もうね、私、余生をガンオタ作家として生きて、本から鉄サビと硝煙のにおいがする血生臭い作品を延々と生産し続けるしかないんじゃないかと……。


マージナル (ガガガ文庫)マージナル (ガガガ文庫)
(2007/05/24)
神崎 紫電

商品詳細を見る
■マージナル(ガガガ文庫) 全6巻

 一言で言うと、殺人鬼を専門に倒していく殺人鬼予備軍の主人公のサイコサスペンス。

 この本の何が凄いって、これがガガガ文庫の創刊時の第一回大賞という編集部の英断。

「面白そうなことはやったれやったれ」という創刊時のガガガ文庫の編集方針が窺えます。

 ……まあ、色々と未熟ながらも、当時の自分なりの全力を出し切った思い出深い作品。これがなければいまの神崎はありません。

スポンサーサイト

顔のアップ(正面)ライトノベル小説家。 第一回小学館ライトノベル大賞ガガガ文庫部門大賞受賞者。 お仕事用メールアドレスm1911nmgsr45(★)gmail.com(現在多忙につき新規のお仕事お断りしております)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。