午前四時起きのライターズハイ

ライトノベル作家 神崎紫電のブログです(`・ω・´)ゞ

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  モデルガン。それは生きていく上でまったく必要のないものである。

 そんな地獄に片足を突っ込んでしまった可哀想な人間をガンオタと言います。

 手持ちの長物から一つ、リボルバー拳銃から一つ、オートマチック拳銃から一つをチョイス。

IMG_3228.jpg
○M4アサルトライフルマグプルカスタム

 西のAR系列(M4もAR系列) 東のAK(カラシニコフ突撃銃)という図で、アサルトライフルの二大勢力のウチの一つ。

 拡張性が高くて、一度手を加え始めると時間とお金が信じられないほど飛んでいくことで有名。

 恥ずかしながら神崎もサルのようにはまって大量の時間とお金が失われた。

 ちなみにカスタム元はウェスタンアームズのM4A1スーパーバージョンという銃。

 個性的に見えるけど通の人から見れば至ってスタンダードなカスタム、のはず。

 色々社外品のパーツが干渉し合って満足には程遠い出来だけど細けぇこたぁどうでもいいんだよ、とドヤ顔で言えるほどいじっている間は楽しい。

 ミリタリーブログ、通称ミリブロに行くと、この銃の毒性にハマって人生狂わされたヒトがたくさんいる。

IMG_3229.jpg
○エンフィールドリボルバー

 ラピュタに出てくるムスカの銃。宮崎駿監督がこの銃が好きなことは有名。神崎も好き。

 これはキャロムショットというカスタム銃屋さんがオリジナル制作したものに、クルミ材のグリップを神崎がくっつけたもの。

 神崎もこんなに上手にストローフィニッシュやガンブルー塗装をやってみたいけど、時間とスキルと金がないというまさかの三重苦。


IMG_3231.jpg
○コルトガバメント――フェイスオフカスタム

 通称ガバ。特許切れで世界中でこの銃のコピー品、カスタム品が作られまくっている名銃。

 一部のカスタムラインはタテヨコ比が黄金分割に近いらしく、いつまで眺めていても飽きが来ない。

 ガンオタの始まりにして終わり。アルファにしてオメガ。ガンオタ歴が長くて大抵の銃に触って飽きちゃった人は最後にはガバに流れ着く。

 たまに掲示板に遊びに行くと、一人で百挺以上所有しているヒトとしてどうなのかと疑問に思うようなレベルの高い人も見かける。

 ガバ地獄に足を踏み入れたい奇特な人は、一挺目はウェスタンアームズのゴールドカップ・ナショナルマッチを強くおすすめする。

※余談
 二挺拳銃というものをご存じだろうか? ルーツははっきりしてなくて、火縄銃の頃だとかなんだとか色々言われてるけど、現在の映画、漫画などでのスタイリッシュな二挺拳銃の使われ方はジョン・ウー監督の香港ノワール映画「男たちの挽歌」がルーツになってる。

 二挺拳銃の分岐点的な映画なので、したり顔で知識量を友達に自慢した人は「男たちの挽歌」を見よう。 

 ちなみに写真のこれはジョン・ウー監督の「フェイスオフ」という映画に出てきた劇中特別カスタムを製品化したもの。

 劇中では二挺拳銃として使われているので二挺買いたかったけど、一挺がとんでもないお値段するのでとてもとても。

 個人的には「フェイスオフ」も勝るとも劣らないくらい面白い。あとハトもたくさん飛ぶ

  
IMG_3233.jpg 
IMG_3234.jpg
○コルトガバメント――ヴァンパイアスレイヤーカスタム


 三挺のつもりがもう一挺だけ。

 見てよこの印刷された意味のなくおどろおどろしいコウモリ!

 意味のない邪眼! 頭悪そうなデーモン!

 中途半端な威力の十ミリ弾!

 まったく戦術的価値のなさそうなスパイク!

 おまけにグリップには十字架と来たもんだぜ?

 大体ヴァンパイアって白木の杭でトドメささなきゃならんのでしょ?

 なんで金属でできてるの? 銀が嫌いなのは狼男じゃね? 設定混同も甚だしいよヒャッハアアァァァ最高!

 この銃手に入れてから最初の一週間は、夜になるとこの銃片手にヴァンパイア探しに出かけたい衝動と必死に戦ってた。

 神崎ヤッベ! 超ヤッベ!(主に脳が)

 こういう頭の悪い銃大好きです(*^_^*) 

 これ、たしかアリゾナ州だかに実在する中二病患者が制作した銃のレプリカとしてトイガン化されている。

 さすが本場のアメリカさん。アリゾナ州の中二病患者は本気で頭おかしいと思う。

 ちなみに神崎的中二銃の泰斗はガンショップファーストの「HOMURA」拳銃

 あれは日本中の中二病患者のために製品化するべき。

 ライトノベルに出てくる中二銃はかくあるべきという指標だと僕は思ってる。

 ちなみに神崎は中二銃全肯定派です。



 と、手元にある物を少しだけ公開してみました。北海道から東京に引っ越してくる際、かなり里子に出してきたけど、まだ多少は手元に残ってます。

 他の銃はまあ、機会があったらまた(`・ω・́)ゝ

顔のアップ(正面)ライトノベル小説家。 第一回小学館ライトノベル大賞ガガガ文庫部門大賞受賞者。 お仕事用メールアドレスm1911nmgsr45(★)gmail.com(現在多忙につき新規のお仕事お断りしております)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。